上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
hotokeiwa.jpg
写真は仏岩をクライミングするSさんです。
待ちに待った仏岩をAチームでクライミングしました。
スポンサーサイト
2008.12.31 Wed l クライミング l COM(3) TB(0) l top ▲
一昨日と昨日、連チャンでクライミングジムに続けて行ったら
やっぱり筋肉痛です!!日頃からあまり使っていない筋肉を
使い始めたので、仕方がないのですが、やはり回復力は
20代の頃よりかなり衰えています。当たり前ですが、しかし
フリークライミングはやはり筋力がある程度ないと楽しく
遊べないので今日は5キロのぼっかランニングと筋トレ
です。まだまだトレーニングすればそれなりにはなると
思うので、楽しく遊ぶために、筋トレ&持久力です。

あっ!GPS個人輸入注文したので、うまくいけば
ブログとHPにまとめます。購入時のドルレートは
約93円ちょっと高めですが、こんなもんでしょう!
2008.12.28 Sun l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
20081225150604.jpg

今日シマヤンさんと名草山South Faceでザイルワークの練習をしてきました。

登ってません!私は自分の技量をよく知っているので、指導者がいないときは
いかなる場合も、登りません!(^^;)
2008.12.26 Fri l クライミング l COM(2) TB(0) l top ▲
makioiwa2.jpg
今日はM会のクライミングのトレーニングにDancyouさん、シマヤンさん、Sさん
のメンバーで来ました。覚えることは山積みでも、覚えられることは少しなので
ん~!といったところです。

makioiwa1.jpg

主にマルチピットの練習をしました。パートナーはシマヤンさん!多分これからはシマヤンさん
と組むことが多いと思いますがよろしくお願いすますね!確保のザイルはなさないでね!
今回、岩を登る練習というよりマルチピッチの練習をしました。これがまた、難しい!
まず、確保側、クライマー側の区別がとっさに出てこないので、えーと、えーと、クライマーが
こっちだから、確保はこうして、あーして、ん~、どうやったかな~と思っている間に、クライマー
はどんどん登ってくるし、ザイルの処理も、適当にしていたのでは、ダメだし、Dancyouさんは
そこでピッチきっといて!え~それなんですか~なんて聞けないし、まさか、はさみ忘れました
なんて冗談なんか言えた雰囲気じゃないし、わざと動作を遅くして、その間にえーとえーと
と考えながら、していると、らしきことを教えてくれるから大丈夫だったけど、それに、えーと
えーと(僕は江藤さんじゃないよ!)なんてコールするんかな~、多分この動作終わったら
なんか言うたとおもうんやけど????、ビレイ解除!!!!、っといきなりDancyouさんの
おしかりの声!!!、何を解除するの???あちゃ~やっぱりちがった!!
だってわからないんやもん!というようなことも言える状態ではなく、間違ったコールしたら
相手がとまどうから注意しなさい!!はいです。わかってるんやけど~、わからないんです。
とまあ、僕なりにたいへんで楽しい講習も終わり下山開始!すでにあんなに多くいた
クライマーさんたちもいなくなり、残っているのは僕たちグループだけ、覚えの悪い僕で
ごめんなさい!m(_ _)m。るんるんの下山、今日もよく頑張ったな~なんて思いながら

あれ、行きは谷登ったのに、帰りはルート変更?????

まあ、ちがうルートもありかな!! ルンルン気分で下山!


と、雨もやんだし、○○さんに仏岩登ってらおか~
シマヤンさんもMさんも一発で登ったからのぼれるでしょう~

冗談きついね~Dancyouさん!!!!!

と思いながら、いざ、登山関係では冗談をあんまり言わないわな~と思い返し
顔を見ると、なんかマジみたい!!

そうこうしているうちに、仏岩に行く、以前どこかでみた脇道が見えてきて、
マジッスネ!マジですね~!そうかルート変えたのこれがあるから!!!

おいおい!心の準備があるやろ~と思うまもなく、早速、Dancyouさん
が登りはじめ、ルートにヌンチャクをかけてゆく、
もう逃げられない、行くしかないやろ~
売られたけんかは買うけど、これけんかじゃないから、どうしょうって
登るしかないわな~5分で気分を切り替へて登るデーモード

とその時雨がいっぱい降ってきて、おいおい、せっかく気分切り替えたのに!

危ないということで中止です。

うれしいような悲しいような!

僕は心に誓った、絶対にこのメンバーの時は車が発進するまでは気を抜かないと!!!


2008.12.23 Tue l クライミング l COM(6) TB(0) l top ▲
今日仏岩の前に立った!前回は四つんばいになって、Dancyouさんに
ここまで来てといわれたころを、普通に来ることが出来た。

ここで、得てして僕は自分が出来たと思っていることが多い、
でもそうではなく、仲間の力で、普通に立てるようにしていただ
いた、ことを忘れずにいたいものだ、そしてこれを油断ではなく、余裕
にかえ、その分を、危険回避の力にまわせたら、もっと登山が楽しく
なるのではないか!?なんてことを思いました。
2008.12.21 Sun l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
空いた時間でちょっとしたことを練習してみました。
2008.12.20 Sat l クライミング l COM(0) TB(0) l top ▲
やっぱり20キロ担げなければダメだよな!
今日とりあえず平地で5キロランニング
7階マンションを2往復したけれど
一日目はこんなもんでいいか!
ちょっとなれたら雲山峰に行こう!?
ショウタンさんについて行ってもらおうかな!?
一人じゃ何かと心細いし!
2008.12.19 Fri l その他 l COM(5) TB(0) l top ▲
main.jpg
2008.12.19 Fri l 和歌山の山々 l COM(3) TB(0) l top ▲
そらあかんわな~!昨日は山行&やまやまお話会で今日はクライミングジムで
かえってきたのが夜の12時過ぎだから、おこられるわな~、それに食べずに
まっててくれていたら、なおさらおこられるわな~、こんな時は、今日のジムでの
お話をしながら、ご飯の用意をさせていただき、お茶も入れさせて頂き、
あなた様がいるから、私は、お仕事や、遊びが出来るのであって、子育ても
お任せして、おまけに大きな子供の面倒もみていただき感謝の言葉もない
というふうなことをひたすら、食べながら、謝ります。こうして我が家の平和は
保たれるのです。あなたがいるから僕がいる!m(_ _)m
2008.12.19 Fri l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
ミーティングでのこと
ある方が山の事故は絶対に起こしてはいけない!と言っていた。
僕はその時、後で、でも、その意味を質問しようと思った。
でも、その前に、自分でそれがどういう意味か考えなくては
いけないと思い、よーく自分なりに考えた!もちろんここでの
事故は、重大なという意味だと思う!そして言った方も、集まって
いる方も、皆さん常識人でモラルも知識もわきまえた方である。
だったら、何か意味があるのではと考えた。

きっと、発言された方もここに集まっている方も、絶対なんて
ないのは百も承知だと思う、でもそれをあえていったのは、
多分であり、これはあくまでも僕の想像で聞いたわけでは
ないが、もしそれを自分の中で認めてしまえば、事故が
起こるのを肯定してしまうことだと、考え、絶対とつけることにより
自分にそれだけの責任感と信念を強く持ち、自分自身の甘え
(事故が起こったのだからしょうがない)を断ち切っているのでは
なかろうか!いやもっと強い意志や信念で発言されたに違いない。
2008.12.19 Fri l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
誠に不謹慎な話であるが聞いてほしい!
学生の頃、女の子とデートする1日前は、特に前の日の夜は、
頭のなかは次の日のことでいっぱいである。まずは、こんなことを
言って、ここに行って、それから、ここで何々をして、それから
こうして、あーしてだの、そして来るべき時間には、こんなことを
言って、ここまで歩きここに入ると、かなんとか!?はじめは
予定などのルートを決めているのだが、最後はもうエロエロな
想像!?妄想で、それだけではててしまいそうである。

申し訳ありません。

実はクライミングの練習にはこの妄想、想像が非常に大切になってくる。
なかなか本番さながらのところではまだ練習出来ないので、いろんな場所
いろんなもを人に、自分でこんなスチエーションで、こんな時はどうするか?
などを頭で思い描きながら、練習する。練習中にクライマーを何人殺した
だろうか?中にはばらばらになったクライマー(名前はバケツ君)もいた!!

クライミングもデートの時の想像も、思いもしないことや、根本的な考えが
間違っている場合がある!昨晩いろいろ妄想していたのは良いが
女の子が思ってもいない態度に出たときはもうパニックだしどうしようもない!

これと同じで、教わったことが根本的に理解出来ていないと、いくら練習しても
意味がないどころか、マイナスである。今日も指摘されて気づいたから良かったが
勘違いのまま、懸垂下降の練習をしていた。小さな勘違いや、思いこみが
大きなみすになる。ここで今日の題名、妄想!想像!が生きてくる!

この方法はどんな意味があり、どんな時に使い、どうなるのか!もしこの方法で
こうしたら、結果はどうなのか!?いろんなことを妄想!?想像!?理論等!?
考えながら、小さな疑問点でも必ず聞く、理解するが大切だと感じた。

2008.12.16 Tue l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
ren10.jpg

ハーネスにスリングを装着します。片手で素早く取り出せるようにと
習ったのですが、今のところ結び目を上にした方が僕の場合
片手で、取り出しやすいような気がします。取り出すときは結び目を
持って引き抜きます。一発で取り出せた回数がこの方法が一番
多かったので、とりあえずはこの方で行きますが、さらに研究の
余地ありです。気になるのは結び目が上にくると他のギアー類
と干渉するのではないかとの危ぐがあるので、また、明日テストです。

必死こいでるとき!こんな些細なことでもけっこう重要なんだな~!
2008.12.16 Tue l クライミング l COM(0) TB(0) l top ▲
今日M会の新入会員さんばかりの研修を受けてきました。僕以下
二人の方が受講、改めて基本的なことを勉強させていただいた。

2008.12.16 Tue l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
new.jpg
ここは私が習ったことを記録しておくためのカテゴリとして増やしました。

昨日習ったことは、とにかく練習しないと覚えない、昼間、バケツをクライマーに
物干し竿を支点にと、練習したのだが、画像が不調で後日又アップします。
2008.12.15 Mon l クライミング l COM(2) TB(0) l top ▲
oku1.jpg

本やテレビではこんな光景は見ていましたが、まさか自分がそんなことを
教わることが出来るとは!?クライミングの道具を使うのは本当に難しい。
理屈ではなく体に覚え込まさなくては!
2008.12.15 Mon l 大阪の山々 l COM(2) TB(0) l top ▲
kensui.jpg

僕は今まで様々な師匠に教えをいただいた。料理の師、武術の師、勉学の師
今まで私に教えを説いていただいた先生がたには感謝しても感謝しきれない。
その教えをいただいた方々にはすべて「ある共通点」が存在する。
僕からみて、みな真実や、本当のことを説いている、自分を飾らず、その道を
純粋に愛し、先を見越して、厳しく指導する。当たり前だが、ななか難しい
僕にはとうてい、出来ないことである。

今日、クライミングのご指導いただいた、師も私が今までに
教えをいただいた、師と同じ指導をした。

その行為は危ない、それをすると遭難する、そんなことをすれば死ぬ、
指導の中にその言葉か必ず出てくる、誤解される方もいらっしゃると
思うが、この写真をみて、何か事故が起きてここに写っている僕が
無事ですむだろうか???????
答えは想像するにたやすいとおもいます。

登山の師は、私の、また、私と一緒に指導いただいた方の一つ一つの
動作を確認しながら、それが何故危ないのか!その行為が何故遭難するのか!
何故その行為が、死につながるのかを、的確に指摘し、私に訴えかける。

本当に書けばたやすいが私はとてもこんなすばらしい
指導は人には出来ない、なぜなら、僕はとても、自分に甘く、弱いからだ。

初心者コースならこれらのミスをしたとしても、注意だけですむ可能性も
あるかもしれない、じゃ、もっとレベルが上がり、厳しい岩場に行った時
はどうだろう??

師から僕に今日様々な登山技術をご指導いただいた、
でも、一番私が勉強になったのは、登山やクライミングは、危ないよ!遭難するよ!
死んでしまうよ!だから、だから、正しい、技術、心構え、日頃からのトレーニングや
勉強が大切なんだ、そして、出来るだけ危なくない、出来うるかぎり遭難しない
絶対と言えるほど死なない方法で、その心で、山で楽しく過ごせるよにと
師は私にそんな思いを込めて指導したのではないだろうか!













2008.12.13 Sat l その他 l COM(4) TB(0) l top ▲
1回目は体験
2回目会員になる
今日3回目!!!です。

腕が痛い!!こんな筋肉あんまり使っていないから、腕痛い!!

ここに来る今時の若者は実にさわやかだ!
ここでは私は充分オッサンだから、出しゃばらず!おとなしく!若者に教えていただく!
それが実に心地よい!これが30代なら負けん気ばかりで続かなかったと思うが
子育てで、ほんの少し大人になったので、実に心地よく若い方に教えていただく
ことができた、おまけにここの若者たちは、実によく見ていてくれる、僕が困って
いると何気なくアドバイスしてくれる、もちろん僕の目線で指導してくれる。
ここは営利目的ではなく、(もちろん維持運営費は払わなくてはいけないが)
この若者たちが運営しているので、前向きにクライミングに取り組んでいる。


ここで今日学んだこと!!
私は単車に乗ります。(もちろんあまり早くないし、実にどぐさいが!!)
2輪の最高峰MotoGPの選手があんなスピードであんなにリヤータイヤが
左右に振れたり、あんなにマシンを倒し込んでもこけないのは、何故でしょう??
って、こけないからではなく、バランスがとれてるからですよね!
そうなんです!!重心をそのとき、その時で移動させ常に腰の位置が一定なのです。
どうやらうまい人は落ちずに(こけずに)いるのはこの重心移動を実にうまくバランスを
とっているようです。もちろんこれにはかなりの筋力がいるのですが、これは、トレーニング
で何とかなりますが、このテクニックを少し学ぶだけで、とどかない岩に手が届くように
なるかも???です。どうRIKOさん納得してくれた!!(^^)/
2008.12.12 Fri l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
僕が登山を始めてから、顔つきがいきいきしていると
妻に言っていたそうだ、私自身は何も変わっていな
いと思っていたのだが、確かにいろんなことに前向きに
取り組んでいるような!?
続けて妻が、「それが一番の親孝行になっているから
お母さんも、しあわせだ。」というのだ。

母というのは鋭いというか、よくわかっているというか、
親孝行しているんであればそれはそれで良いか!

2008.12.09 Tue l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
top.jpg

雪彦山へDancyouさんはじめ5人のパーティーで登って来ました。
来春この崖を登るとのことで下見を兼ねていたようです。
和歌山から阪和道、近畿道、中国道を経て福崎インターで一路
雪彦山へ、看板が出ているのでたいへんわかりやすいですが
片道約210キロあります。
2008.12.08 Mon l 他府県の山々 l COM(6) TB(0) l top ▲
seppkosan.jpg

みんなで登ってみんなで帰る。それが途中でも、上でも、下でも、私の周りの
登山をしている方は基本的にこの考えを実践しておられる。

今日私はどんな技術を習得しようか、期待に胸をふくらませ、姫路の福崎に
ある雪彦山(せっぴこやま)に登った。雪がちらつく中、ではありましたが
天気も良く、風がないので天候はばっちりでした。

今回のパーティーはDancyouさん、Yさん、Sさん、Tさん、私である。
皆さん、山岳会に所属しておられたり、以前山岳会にいた方です。

登山も中盤にさしかかった頃、Tさんが膝を痛めた、私自身も経験がある。
通常の動作をしていても、ふとした弾みに痛めてしまった。これは本当に痛い。
そこで様子を見るために少し歩いたが、やはり痛そうだったので、11時過ぎ
ではあるが、お楽しみの昼食である。私は定番の天ぷらうどんとローソンおにぎり
いっぱい食べたあと行動開始であるが、しばらくしてもTさんはつらそうにしている。

とても簡単で大切な判断がくだされた、下山である。
しかしDancyouさん「下山する」など一言も言わない、ルートを把握しているので
こっちの道から下山出来るので今からおりましょか、とても自然である。

この下山ルートはほんの一部鎖場などがあり、最初の下りは少し険しい。
そこでDancyouさんが自分の荷物とTさんの荷物を担ぎ歩き出したが
しばらくして、どうしてもTさんだけの力では下りるのが難しい場面に遭遇
今度は、私が、Dancyouさんの荷物と自分の荷物を持ち、Dancyouさんは
Tさんのリュックとサポート役を務め、YさんはDancyouさんの指示でTさん
を二重でサポートする、Sさんは私がもたもたしているので、私の少し前を
歩いてくれ荷物の調整などしてくれた。また、Dancyouさんはストックを持
っていたのでそれをTさんが使い少しずつ下山できた。

僕は初めてこんなテクニックを知った。
荷物を二重に、カメの親子よろしく、二つを同時にかつぐのである。
自分の荷物を持ち、もう一つのリュックのベルトをゆるめそのうえから
背負う、おまけに下りで、鎖場ありである。

これ以上のトレーニングはどこにあるだろうか!!
これを出来たことだけでもこの山に来たかいがあるというものだ、
基本的な歩行と、筋力があれば出来るはず、出来なければ
日頃の練習が足りないということである。

どんなことでもそうだと思うのですが
私は技術に走ってしまう傾向があるのですが
大切なのは人としてどうふるまったか!?
ということが何より尊いことなんだと。


今回皆さんと登山が出来たことを感謝いたします。
また、1つ新しいことを教えていただきました。
私もいつか、一緒に行った方を喜ばせ
助けてあげられるそんなやまやさんになりたい!


2008.12.06 Sat l その他 l COM(9) TB(0) l top ▲
bolder.jpg
和歌山市にある「SCRATCH」というクライミングジムにDancyouさんに連れ
て行っていただいた。何から何まで本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ!

理論だけは、少しだけつかめたような気がする。私の登り方は手で登っている。
これだと30分ももたない、じゃあ、どうやって登っているのか!?

僕は他の方の登るのを見て「これ酔拳やな~」と思った。!
(例えば、相手をけるためには、軸足、体重のかけ方など瞬時に移動しなくては
いけないそれと同時に、からだ、手の動きを、足に合わせなくては蹴れない
酔拳はまるで意味のない動きをしているようだが足の動き、手の動きに意味
がある、これクライミングと同じではないか!)
壁に対して逆らわず、足で登る、また、足の向き、入れ方、方向、肩の入れ方
、手、足、肩、体の動きが、人間工学的に、動かさなくてはいけない。
要は、体の動きが自然なのである。もっと言うと、僕から見ればこれは武術の
動きを応用出来るかもしれない、もちろんテクニックは全くちがうが、考え方は
同じである。手はあくまでもつかんでいる、という感じだそうである。

先は長いが自分のペースで出来るので、僕には向いているかもしれない。


面と向かって言えないのでこの場でお礼を言いたいと思います。
「本当にありがとうございます。」Dancyouさんが登りたいわけでもなく、
会のためでもなく、ただ、僕の思いを聞いていただき心より感謝いたします。
2008.12.05 Fri l その他 l COM(4) TB(0) l top ▲
今日、ショウタンさん宅に遊びに行かせていただきました。ノートパソコンを
なが~くお預かりしていたので、取りに来ていただけるにもかかわらず、
強引に持って行かせていただくと言い、おじゃまさせていただいた。

パソコンもパソコンだが、あの屈託のない笑顔(人生の先輩に対してこんな言い方は
よくありませんが許してください。)をたまに見たくなるのが本音である。ショウタンさん
には独特のそういうオーラがある。多分ショウタンさんを知っている方なら誰でも理解
できると思う。まだ、二回目でお知り合いになって数ヶ月ですが、ショウタンさん宅は
実にいごこちが良い(奥様申し訳ございません!)それに壁に掛かってある写真は
僕の心をつかんではなさない!お孫さんの写真は皆さんも飾ってあると思うが
その中に若かりし日のアベック(古い表現でごめんなさい。)の写真がある、琵琶湖で
ボートに乗っている写真だそうである。ショウタンさんと奥様の写真である。なんと
すばらしいことか!それと娘さんであろうか?ウエディング姿の女性と家族が写っている。
息子さん、娘さんに加え、僕がもう一つ目にとまったのは、息子さんのお嫁さんの写真が
飾ってある。家族を大切にするお気持ちが表れている。
それだけで、ショウタンさんの笑顔の理由がわかるというものだ!
当然話題は山々の話である、ショウタンさんはうんちくを言わない、それをおもしろおかしく
はなしてくれる、聞いてる本人はついつい時間を忘れて長居をしてしまい、申し訳なく思っています。

それから帰りに、ショウタンさんのバイクブートをいただいた!ちょうどバイクブーツがほし
かったのでラッキーだ!若干大きめであるが中敷きをひけば充分、まだまだきれいで使
える!おじゃま虫をしてブーツまでいただき最高!!!


今日妻の誕生日だったので何もあげなかったが、ショウタンさんとこ以外に出て行かず
少しだけよい子にしていた僕である!これとあれをしといてと言われたので、笑顔、笑顔
でさせていただいた!実は今週土曜の山行きをまだ打ち明けていない!
山でもそうであるがルートを間違えるとえらいことになる、少なくとも金曜日までのルートの
選択はこの登山の核心部分だ、慎重に行かないと、足を滑らし、谷底に真っ逆さま
である、慎重に、慎重に、それでもまた慎重に行かないと!!!
2008.12.03 Wed l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(5) TB(0) l top ▲
今日少し時間が空いたので午後3時から1時間弱岩の練習をした。

ミッションインポッシブル2のオープニングをご存じだろうか!?
トムクルーズが絶壁でグラサンかけてフリークライミングをしているシーン
(ちょっとまえにテレビでやっていましたが岩から岩に飛び移るシーンはCG
ではないらしい!?ほんまかな~)えっ何が言いたいのかって、いや~
早速真似しようかとおもったら、聖地エルキャピタンで手すりむいてしまいました。

それに横を通る中学生には、あれやってんのといわれ!?
フリークライミングっておまえはしらないんか!?と心で叫びながらひたすら練習
は~そうよな~登るよりも落ちる方がおおいからな~

2008.12.03 Wed l 落ちこぼれ父ちゃんのダメダメ日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
iwa1.jpg

今日M会岩、沢ブロックのクライミング講習が槙尾山でDancyouさんの指導の下、
開催された。いきなり仏岩の絶壁に案内され、こんなのもあると紹介されたが、
仏岩の見下ろしに行くのにはいながら行く、私、いきなりの波乱の幕開けである。

午前中は正面初心者コースゲレンデで基本的なザイルワーク、装備の説明、準備などの
説明を受け、私はプルージックで登る方法を指導いただいた。Dancyouさんの説明は実に
理論的でわかりやすい。こうしなさいとは言わない!何故こうするのかということを必ず
説明してくれる。何故こうするのかがわかれば、応用もきくし、その後の技術向上にも
生きてくるとのこと。また、決して難しいとは言わない、先に「大丈夫できるよ!」という
言葉から説明が始まる。また、ご同行いただいた、シマヤンさん、Sさんは実に技術的に
進んでいる方で、シマヤンさんは言うまでもなく、Sさんは非常にきゃしゃに見える
それとは全く想像もつかないクライミングを見せていただいた。こんなすばらしい方々に
支えながら、自分では思いもしないところまで登ることができた。
2008.12.01 Mon l 大阪の山々 l COM(10) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。